書いた記事が全部消えたので死にたい。ブログくらいで落ちるとか。

でも私はめげないので、書きたいことを要旨だけ絞って再度書くことにしました。その内容というのも、SNSのアクティブユーザーを数値で見てみるということから始まったのですが、それが以下の引用です。

  Facebook : 2100万人 (Source : nikkei, Date : 2013年8月)

  Twitter : 2070万人 (Source : Twitter & Mashable, Date : 2013年11月)
※1 : Twitterのアクティブユーザー×日本人ユーザー率で導き出したもの

  YouTube : 5078万人 (Source : comScore via Garbage NEWS, Date : 2012年7月)
※2 : 公式発表ではなく、データも古くなっている

  LINE : 4000万人 (Source : TechCrunch, Date : 2013年11月)
※3 : 日本のユーザー数×日本のアクティブ率で導き出したもの

  Google+ : 252万人 (Source : in the looop, Date : 2013年3月)
※4 : Windows PCのみで、Mac OSやスマートフォン、タブレットを含まない

  Mixi : 1300万人 (Source : Mixi, Date : 2012年度第三期)
※5 : これ以降Mixiはアクティブユーザー数を公表していないため、データが古くなっている

  Mobage : 383万人 (Source : GameBusiness.jp, Date : 2012年10月)
※6 : 公式発表ではない

  Gree : 270万人 (Source : GameBusiness.jp, Date : 2012年10月)

  LinkedIn : 51万人 (Source : Social Bakers, Date : 2012年2月)
※7 : 公式発表ではなく、データも古くなっている

出典:日本の主要なSNSのアクティブユーザー数を調べてみた

各SNSの印象

YOU TUBEがSNS機能を備えたということで1番なのは納得。次いでFB・Twitterはもとより、LINEのアクティブはすごい。最近マイルドヤンキーと定義されるユーザーが数多く利用しているのだとか。G+は完全に海外ですね。出た時はソーシャルのコミュニティ分類ができたことがFBより便利だった。今はもうFBで出来ますので事足りますが。

最近はSNSもソーシャルゲームありきというところが増えました。その中でもmixiは最近ゲーム特化して少し持ち直したようですね。私は知らなかった。

ミクシィの起死回生 「モンスターストライク」ってどんなゲーム?

モバゲーやグリーなどの所謂ゲーム先行型とLINEやmixiといったSNS先行型がありますが、最近LINEも力を入れてますね。LINEさんはソシャゲ扱いされるのを嫌がっているようですが、毎日来るこの招待を何とかしてもらわないとそれは難しいかなぁと思います。LINEさんは友達から紹介されるゲームだから広告として捉えない、ハードルが低いと言っていますが、今やインセンティブで釣ってるのまるわかりだし、友情を壊すツールにならないでほしいところ。

発足から1年半。ソーシャルゲーム協会が解散危機

LINEから考えるソーシャル

LINEはソーシャルではなく、インフラです云々。広告屋として参加した媒体説明会でコーディネーターが言っていました。SNSは元気なとき、こういうこと言いますよね。成長速度、若者への普及率、社員が会社大好きな感じがmixiと全く重なって心配ではあります。mixiはとても良いサービスでしたが、改悪に改悪を重ねて今に至ることに。一時期は広告枠なんて常にいっぱいでしたよね。LINEにはそうならないでもらいたい。好き嫌いではなく、不便になるので。そんな中、私がなんとなく思っているLINEのメリットは2つあって、①即時性と②限定性かなぁと。

    

 

FBやmixiはあくまで主体が任意のタイミングで使用するものだと思っている。1日の終わりや休み時間に自分の形成したタイムラインを見ることで独自の世界を把握する。その中で情報・反応の取捨選択を行うもの。この点で即時性を持たないものと言える。mixiはシェア的な観点では弱く、限定的。また、FBやTwitterは不特定多数への情報発信が基本的なスタンスだと言える。シェア機能で有用な情報はどんどん広まり、それは本人とつながりのない場所まで到達しうる。その意味で社会に対し、制限のないものとなる。(Twitterは一部鍵アカというものがありますがアレきっと日本発だと思うし。)まとめるとこんな感じ。誰か○で重ねる図にしてくれればいいのに。

  FB  即時性× 限定性×

  mixi 即時性× 限定性○(シェア的機能の貧困。意図的な限定公開あり)

  Twitter 即時性○ 限定性×

  LINE 即時性○ 限定性○

LINE主体で書いているので×がだめなことかというとそうじゃなくて。ポジショニングの問題だと捉えてください。私は八王子という自然あふるる東京に残された最後の楽園の人間なので、地元意識・マイルドヤンキーと定義される人的な考え方の理解に難くない。同じように、ある地域コミュニティにおける仲間と即時的なつながりを大事にする人間にとってLINEは最適なツールになることも容易に理解できる。FB,mixi、Twitterでもできなくはない、でも最適なのはLINEであると言える。ちなみに、ゲーム等を多く取り入れ、限定公開等の配慮もしていたmixiがLINEの前進的な存在だったと言えなくないのかも。ただ、より限定されたコミュニティ(相手)との即自的なやりとりという点で1対1ないしグループで即自的なやりとりができるLINEはより適合しやすかったのだと思う。(実際既読スル―とか言う言葉が生まれるくらいには、即時性の需要があったと仮定して。)

 

でもこうやって考えるとLINEって全然ソーシャルじゃないなという気がする。タイムラインなんて誰も使ってないし(個人的な印象)。一方で所謂社会ではなく、個人が所属する地域コミュニティ的な意味での社会をつなげるツールではあるのかも。社会という言葉の中に独自のレイヤーを見出したって感じ。(mixiも結果的にそのような範囲で使用している人がいた可能性はあるが)広がらない仲間内での共有。勿論、上京して所謂社会に出てる人もLINEは使ってる。でもその人はきっとFBもTwitterも使ってると思う。

色々考えたけれど、LINEは結局今までSNSに手を出すことのなかったユーザーや、いまだSNSとしてmixiを利用する層に対しての参入・移管ハードルが低い規格のSNSであったということは間違いないようで、FB・Twitterユーザー+mixiユーザーを取り込んだような形になった風に見える。

 

とはいえ、電話メールツール

ただ、連絡ツールという不可欠最低限の機能から参入したことによって(まぁ最初は電話だったけど)ハードルを下げたことで一番ユーザーを獲得できたのでは、ってこれを書いた後に思ったりしてなんだか取りとめのない感じになった。

    
カテゴリー: NOTE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NOTE

なんか色々昔のページから追加したよ。昔のエントリーが多いのであしからず 続きを読む …

NOTE

ことばとしてのデザイン

デザインということば デザイナーではありませんが、少しデザインに関して 続きを読む …

NOTE

超長文テスト

日本の2000年代前半のアニメwikiをそのまま貼ってみた。 2000 続きを読む …