「カメラ」の画像検索結果

  2018年の新しいことは一眼で決まり。


前回の記事で、2018年に始めたいこと、という切り口で触れましたが、割と今まで意図的に避けてきた一眼と向き合う時が来てしまいました。「意図的に」避けてきたというのは、始めてしまうと恐ろしくコストがかかるし、沼だと友人からよく聞いていたからw恐らくこれ以上趣味を増やすと私がもたないであろう、ということ。ただ、一眼をやっている人はみんな楽しそうだし、制作物としても、とても興味深いものに感じたのは事実で、好奇心には勝てなかったのです。

 

 

「iphone7plus」の画像検索結果

  iphone7plusを購入したからみたいなとこ、ある


そもそもiphone7plusを買ったのが始まりです。iphone7を亡くし、もう出てこないと諦めて購入したplusでしたが、ポートレートモードに触れて、カメラ機能を多用するようになり、遊び程度で使用していたLightroomも月次契約をするくらい加工に凝りだしました。直近では、スマホに取り付ける用の外付けレンズの購入など、割と画質とクオリティにもこだわるようになってしまいました。翻って考えてみると、この結末は当然だったのかもしれません。

 

 

「はてな」の画像検索結果

  どのカメラにするか、それが問題だ


実は過去に何度かやってみようかな。。。と思ったこともありましたが、いつもココで躓きました。カメラの種類多すぎ。とかく目的がはっきりしないまま一眼に手を出そうとすると、有識者(ブログとか)でも「それっぽいことやりたい人はコンデジでもいんじゃない?w」みたいな突き放され方される場合もあるし、そもそも高価な買い物なので長考しがち。心も折れます。今回は割と確度高めで臨みましたが、それでも最初は「まぁもしいいのがあったら」くらいに思っていたし、実際結構な紆余曲折を経てます。ちなみに私はこれを読んで買ってもいいかな。。。となりました。

  失敗しない一眼レフの選び方。初心者が初めてカメラを買うときのススメ

興味ある方は見てみるといいけど、ざっくり言うと以下の3点です。

 

・メーカーはどこでもいいよ!(初心者には関係ないよ!)

・ニコンは風景、キャノンは人って言うけどあんまり関係ないよ!

・見た目とかボタンの位置とか触ってみるのが結構大事だよ!

 

特に私にとって大きかったのが3つ目。いいなーと思ってたものが触ってみると意外にアレ?ってなるのです。私も最終的には触ってよかったものになりました。最初にいいな、と思っていたものはボタンの感じとか、重さとかあれれ?って違和感を拭えなかった。今までは電機やに実際に触りに行くところまではしませんでしたが、ありがとうビックカメラ赤坂見附店。(実際に触ったから購入まで至った説もありますけど)

あと、このブログ「オススメは押しつけなのです」ってところが中立感があってよいです。

 

 

 

「一眼レフ」の画像検索結果

  最初は「一眼感」だと思ってた。


正直、最初はNIKONかCANNON(オリンパスもかわいいけど)と思っていて、その他のメーカーはほぼ興味なかったのが本当のところ。ブランド・本物感というか、一眼レフと言えば、みたいなところあるじゃんやっぱり。NIKONは歴史があるし、CANNONは業界最王手だし。そして何を隠そう、ミラーレスは選択肢にも入っていませんでした。でも特に理由もなく、という感じです。今考えれば謎。

でもなぜ?を突き詰めるのは大事なことです。なんでそこにこだわるんだっけ?をあり/なしで判断していけばおのずと答えは出るっぽいです(私の場合はそうでした)本当は必要ない部分にこだわってるんじゃないかって気づくこと多いです。

 

 

「外国人 女医」の画像検索結果

  カメラに求める機能診断


そんなわけでまずはカメラの勉強をしました。もし迷っている方がいたら私はこうした、という事例として参照してもらえるといいかも。

 

①デジタル一眼レフ OR ノンフレックス一眼(ミラーレス)

→よく言う「一眼レフ」とか「ミラーレス」とか。なんとなく一眼レフが一番すごいのかなってくらいが一般の人のイメージ。実際の違いはファインダー。電子ファインダーなのか光学ファインダーなのか。一般的に一眼レフはリアルタイム、ミラーレスは電気反応なので反映(モニターに映るまで)が遅れると言われています。しかし、最新機種はその限りではありません。(てゆーか違いわかんない)ちなみにミラーレスも厳密には一眼です(一眼レフではない)

 

②フルサイズ OR APS-C OR マイクロフォーサーズ

→イメージセンサーの大きさです。簡単に言うと、左側ほど高性能・きれいでお高い。真ん中のAPS-C仕様がレンズなども安価で多く、導入しやすい印象です。フルサイズはマジでたっかい。ただ私はスマホでも撮れない綺麗な写真を撮りたくて一眼を志したのでフルサイズにしました。多分APS-Cでもスマホよりははるかに高スペックの写真が撮れるとは思う。私みたく、めちゃくちゃ拡大して細部まで見るような神経質な人じゃなきゃ問題ない気がします。

 

③手軽に「カメラを始める」をしたいか OR ガッツリやりたいのか

→これは結構別れると思うし、左の人が多いのではなかろうか。私は性格上、最初にガッツリ投資して、ハマれなかったら売り払らえばいいやと思って始めています。ですので投資額はひと月の給料越えてます。。。「カメラを始める」をしたい人は割と多そうだなって思います。予算10万円でも一眼を始めることが色々調べてみてできそうだなって思いました。

 

④手軽に撮りたいか OR 自分で設定したいか

→これは最初に判断するのが難しい問題。私は割と汎用性を重視する性格なので後でやりたいときにできるといいな、と考えてしまいます。ただ、この思考だとコストはどんな場合でも大抵上がります。最初は簡単なのでステップアップ。。。が無理なくいいのでしょうね。ただ、自分でググれば大抵の情報は手に入りますのでやる気があるか(買うときは誰でもあると思うのですが、その継続が課題)なのかとも思います。

まぁ悩む人ってこれらを決め切れない人だと思うんですけどね(慎重、リスクヘッジができる、いい意味で言ってるつもりです)

 

  結果


上記の思考を巡らせた結果、私はCANONでもNIKONでもなくなんなら一眼レフでもない最新のミラーレスカメラであるSONYのα7IIIに落ち着きました。決め手は直接触ってみて、完全に一眼素人人間の私でも割と簡単に操作出来たから。ちなみに予算はオーバーでした

・フルサイズ(やっぱ可能な限りめっちゃ綺麗に撮りたい)

・色々自分でいじれる(全てが独立したコントロールができる、とか)

・軽い500g(実際に触って感じた)

・SONYがなんかこれからって感じがした(機種決めてからイロイロ聞いてみた)

・ここからはミラーレス×フルサイズがアツそう(CANNONも2018年に出すとか。。。

あと「一眼レフじゃないって」部分で、一眼レフマウントさん(偏見)たちとナナメで接せるかなと思ったりもしましたwミラーレスのフルサイズって今のところSONYにしかない機種っぽいです。

  α7III発表!!SONYのフルサイズミラーレスの新基準はやっぱり凄かった

 

その他検討したやつ

「D750」の画像検索結果

・D750(NIKON)最有力

→汎用性〇。シャッター音とかいいらしいけど私はデジタル感のある方がよかった。あと重い。

「Eos 6DmkII」の画像検索結果

・EOS 6DMkII(CANON)

→新型機種だけど5年前の同型機種からあんまり進歩ない?みたいな意見が散見されたため。。。

「α7RII」の画像検索結果

・α7RII

→画素数は4000万っていうお化け(私のは2000万)。ただ、取り回し(暗所撮影やフォーカス)が劣るので上級者向けかな。。。と思い断念。実際購入したものの上位機種α7RIIIが実は一番欲しかったです。+15万円ですけど。。。

 

そんなわけで悲願の一眼を手に入れたので今年は写真をたくさん撮りたいと思います。どうせなので今色々企画を立案中です。実際に製品が届いてからの試行錯誤などはまた改めて書きたいと思います。

 

P.S 先ほど発注していた2つのレンズの発送通知がきました。週末は色々試すぞ~。

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です