久々に更新しようとしたら、レンタルサーバーからログイン拒否を喰らうという事態に心が折れていました。IPアドレスをいちいち登録しなくちゃならないこんな時代。

 

そんなわけで、前々から触ってみたかったchromebookをついに購入しました。母親のPCがバーストしたのでいい機会だと思い、プレゼントに買いました。

・chromebook製品一覧(随時更新しているサイト)

様々なメーカーから出ていますが、hpのデザインが往年のmacbookを彷彿させたので、多少割高だけどhpにしました。amazonで32,000円、chromebookの中では真ん中くらいの位置づけ。あとはジャスト1kgという軽さが女性にはいいのではないかと思ってチョイス。タッチパネルのもいいかなぁと思いましたが、なんとなく全部重量があったので今回はパス。

そんな中、今本国amazon見たらもっと安く出ててちょっと凹むなど。(送料含めれば誤差範疇なので、輸送期間とリスクがないので、いいっちゃいいのだけど)

 

そして届いた発注翌日。早さがある。




 

・軽くて薄く、起動も早くてとてもいい感じです。薄いと思ってたけど、それよりさらに薄い印象。
・他のメーカーでは平らじゃないデザインが多い中、スッキリしたフラットなデザインなのも良い。
・電源も大きなバッテリーじゃないので持ち運び易いのがとてもよろしい。(互換性がないので、自分のバッテリー忘れたらエンドだけど、バッテリー自体が小さいので問題ないかと)
・明るさ、タッチパッド、キーボードの感触など大きな問題はなく優秀なマシンの印象。

 

最初に立ち上げた際に、現在のOSだと日本語選択が簡単にできるので良さがあります。が、この後GoogleOSの落とし穴に落ちていたことに気づきます。

 

exeファイルが入らない

 

いや、これちゃんとOSの確認してれば何の問題もなかったんですけど、マジかGoogle。これ入れないで何をするんだって思うんですけど。下調べはマジで大事だなって思いました。そもそも前回chromebookの性能に関する記事書いた時もOSに関してなんにも注意払わなかったし、なんで確認しなかったの私!

    

 

とは言え、Googleさんは独自のやり方で色々補完しているので結論から言うと大きな問題はiTunesが入らない=iphoneのバックアップが取れない、ということくらいでした。ただしそれは、そもそも16GBの容量の中でバックアップなんかとったらもうそれだけでジ・エンドなのでそれはわかっていたこと。icloudでバックアップは取れるので問題なしです。(そもそも母艦にするのが稀なので問題ないと思うけど)

 

chromebookで音楽を聞く

iTunes入らないなら何で音楽聴くの?っていう現代ですが、音楽プレーヤーなども補完できるものがあります。androidユーザーはGoogle PLAYあるので大丈夫。私はandroidユーザーではないので知らなかったのですが、Google PLAYはandroid端末を持っていないとDLできない模様。なかなかケチです。

なのでchromeストアでプレーヤーを探すことに。探してて感じたことは、

「ストリーミング型のプレーヤーが多く、ネット環境でGoogleドライブからデータを取り、聞くスタイルが主流ぽい」

Googleアカウント持っているだけで10GBのクラウドが取得できるこの時代、一般的な音楽ユーザーには十分なのかもしれない。ローカルで重く保存しているよりスタイリッシュ的な。

それでもローカルで聞きたいと言う人のためのアプリもちゃんとありました。
Enjoy Music Player

指定フォルダの音楽ファイルを読み込んで、曲名、アルバム、アーティストなどで分類できます。ただし、iTunesのようにアプリ上でデータ編集はできません。元ファイルの編集が必要になります。
曲を追加する際は、指定フォルダに曲を追加した後、アプリの方で再度スキャンさせれば更新されます。アプリ自体が軽いのでストレスがないのが良いです。

 

リモート機能がデフォでついてる

製品のポジショニングから言って当然といえば当然なんだけど、リモートPCモードがデフォでついてます。家の母艦をどこでもいじれる的な。既にフリーのソフトがあるからそんな目新しいものではないけれど、ほら、これexeファイル入れられないからね。デフォで入っててくれないといけないんです。

リモート設定方法

 

一晩格闘した結果、まとめ。こんな人が使いそう。

①基本2台目機持ち運び用として、macbookairを買うほどでもない。みたいな人
②Googleドライブのオンラインのワード、エクセルらへんは使えるし、その他どこでもコード書いたりする人とか
③逆にPCは音楽聞く・動画見ると、ネット・ブログなどしかしない人(私の母親など)
④wifi持ってる人

○起動はとにかく早く、使用上のストレスはない。シャットダウンもめっちゃ早いし操作性も◎
○ファイルは、ダウンロードというフォルダのみに置ける。デスクトップにおけないので違和感。でも多分慣れる。
○意外にバッテリー長持ち、使用しながらでも6時間くらいはもちます。
●でもやっぱりiTunes入れられないの辛い
●光学ドライブ認識しないので、音楽はデータでしか取り込めない

ちなみに私の場合、容量が増えたら64GBのUSBをつけて音楽その他ファイルは外に出して容量担保したらいいかなぁって感じです。まぁそれ買うなら普通のwinの安いモデル買ったほうがいいのではという意見も、あるにはある。

 

ぶっちゃけ私にはいらなかった

今回chromebookを触ってみて思ったことですが、今の生活にこれが入り込む余地は全くなかった。母艦としてmacmini、常用にmacbookair、その他ipadって持っている中で代替としてもchromebookはまさに帯に短し、襷に長しの印象。今後、Googleがどれだけ力を入れて独自のアプリケーションを拡充していくか、という点に尽きる感じ。なかなか周りに持っている人がいないのもなるほど頷ける感じ。買う人は自分のライフスタイルと要相談。
あと偏見だけど、日本人には向かなそうだなって思った。

 

ユーザーの見方もいろいろ
・4ヵ月間使ってわかったChromebookのホントのところ
・まだ知らない人のためのChromebook(2014年7月更新版)

    
カテゴリー: ガジェット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DJ

2017年夏新発売!DJM750MK2って実際どうなの

  世にも珍しく連日のエントリーです。 最近やたらDJミキサ 続きを読む …

DJ

DJM900の導入とCDJコントロールによるハイセンス配線DJスタイルについて

ついに買ってしまいましたDJM900nexus。 昔は家で使うミキサー 続きを読む …

ガジェット

簡単にできるiphoneの操作性におけるイノベーション

最近会社で持たされている携帯電話がiphone6になりました。 このブ 続きを読む …