Categories:

前回は会社の経費でモニターを買いましたが今度はキーボードがイカれました。具体的にいうと、DELETEボタンが取れて消えました。DELETEだけに。

今まではLogicoolのBluetoothキーボードを使用しており、それなりに満足しており、数年間使っていたためキーボード界の動向に興味を示してこなかったためちょうど良いと思い、新しく購入を検討することに。

条件はBluetooth

複数台のPCに接続をスムーズに行えることが大前提なため、USBレシーバータイプのものではなく、Bluetoothがマストでした。また、テンキー文化に慣れ親しんでいないためコンパクトなのが望ましい(Enterキーの右に何もないやつ)と割と条件を絞るとそんなに候補がなかったので全部試してみることにしてみました。ちなににお値段は全て3000円台(クーポンによっては2000円台!だいぶ安くなっているなと感じました)※ロジクールは8000円くらいした記憶があります・・・

・Bluetooth:3台まで可能(内1台レシーバー式)
・トラックパッド:✖️
・テンキー:なし
・形状:斜め
・電源:充電式
・その他:US配列/Macとの色合い、親和性

これのキーボード部分が白いものを選びました。なぜか今は黒しかない。今はBluetooth切り替え専用ボタンがついているものが少ないんですね(もしくはロジクールだけ?)色味がMacに合っていたのと、WinボタンではなくMacのボタンだったのは個人的に推せる。これだけレシーバーとの合いの子なのですが、タイプCじゃないPCであれば特に気にはならなかったですね。

あとは個人的に安い打ち味が気に入ってました。

・Bluetooth:3台まで可能
・トラックパッド:◯(標準サイズ)
・テンキー:あり
・形状:斜め
・電源:電池式
・その他:Enterキーが大きいタイプ/テンキー+パッド分だけ大きくなっている/US配列

こちらはそれなりに大きくてパッド+テンキーがついたやつ。パッドがあると、切り替えたPC毎にマウスを用意しなくていいじゃん!と気づき(今更)追加で検討を始めました。US配列で悪くはないです。がエンターの右側にボタンがある違和感は個人的に払拭できなかった。一番作りはちゃんとしていて、テンキーになれているOR必要無人にはおすすめできます。パッドはオンオフボタンがついているのが地味に良いかもしれません。ちなみに電池式なのでご注意を。

・Bluetooth:3台まで可能
・トラックパッド:◯(少し小さめ)
・テンキー:なし
・形状:フラット
・電源:充電式
・その他:Enterキーが小さいタイプ/コンパクトな分小さく打ちにくいキーもある/右Shiftキーなし

こちらはテンキーもなく、パッド付きがいいとした場合の唯一の選択肢だったのでものは試しで購入。レビューにキー打ちの際に指が当たってカーソルがズレるという記載があったので不安でしたが、自分の感覚だとそれはなさそうです。コンパクトで白基調、打ち味も悪くありません。

懸念を上げるとすれば、、。・キーがパッド搭載の都合上小さいこと、矢同じ理由で印の位置感覚が少し通常と異なるところだと思います。あと右Shiftキーがありませんし、1つ前の商品のようなパッドオンオフ機能もありません。

結果は

最終的には一番下のコンパクト+パッド搭載機を選択しました。自分のキー打ちの感覚に合っていること、現状との違和感が少ないのは大変助かるポイントです。小さなキーには早く慣れたい・・・

Bluetoothの切り替えはどれも同じような塩梅でした。慣れれば特に気にならないかなというレベルです(我が家は干渉要素が多いのですが、それでもなんとかなっている模様)

今回色々見てみましたが、これらの機能を満たす商品があまり多くなく(価格帯関係なく)ニッチなニーズであることに少し驚きました。

|以上です。

今回はリモートワークをする際にいい感じにマルチデバイスで接続できるキーボードについて書かせていただきました。参考にしてもらえれば幸いです。

それにしてもWORDPRESS久々に開いたら仕様が結構変わってて使いづらい・・・これもキーボード同様慣れなのでしょうか、新しいものへの心理的な参入障壁との付き合い方は大事ですね。



No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA